金属表面処理剤

 

当社金属表面処理剤(めっき薬品)は、パソコン、オフコン等のOA機器、スマートフォンやタブレット端末、デジタル家電、自動車などに使用される電子部品の接合を目的とした表面処理に用いられています。

従来、これら表面処理は主にスズ-鉛合金めっき薬品が使用されていましたが、近年の環境問題から家電製品等を対象としたRoHS指令による鉛の使用規制が発効されました。
当社はこれに対し、いち早く鉛を使用しない鉛フリーめっき薬品を開発・製造販売し対応しています。

このような事業環境の中で当社は、電子部品と基板との実装性、電子部品の品質特性を向上させる機能性を軸とし、REACHに準拠しためっき薬品技術開発力とその形成されためっき皮膜に対する豊富な評価力及びテクニカルサービス体制が特徴であり、特にスズ及びスズ合金めっき薬品は国内トップシェアを誇り、他社を寄せ付けないリーダー的ポジションを獲得しています。

お客様がグローバルに事業を展開されるなか、日本国内のみならず、海外市場においても中国・アジア諸国を中心に営業・技術サポート活動を幅広く行っています。

また、顧客のニーズを踏まえスズ及びスズ合金めっき薬品以外の新製品開発にも力を入れています。

用途別(基盤の◎をクリックして下さい。用途別が展開します。)

製品別

 
 

技術資料等