会社情報

経営理念

ごあいさつ

1900~「三つの開発」を経営理念に。 未来をみつめて、一世紀。

創業、1900年。これまで石原ケミカルを支えてきたのは、今も私たちの中に脈々と受け継がれる、先人たちの確かな意思でした。絶え間ない「自己開発」により、開拓者であり続けたい。独自の「商品開発」により、社会への貢献をめざしたい。広く、深い「市場開発」により、可能性をいつも膨らませていたい。これら「三つの開発」は、まさに、未来を創造することにほかなりません。高性能かつ高品質な製品を市場に送りだし、より高い信頼性を追及するために、私たちは創造性にこだわり続けます。既成概念を打ち破ることは容易ではありませんが、新鮮な発想こそが技術革新を起こし、さらに高付加価値の製品開発を可能にします。新たな時代が到来しようとする今、私たちはこれからも、独自の視点に基づいた製品開発、技術開発にベストを尽くし、さまざまなニーズの創造・発掘に取り組むことによって、日々、未来を積み重ねてまいります。

写真


経営の基本方針

 
  • 当社は自己開発・商品開発・市場開発の「三つの開発」を経営理念とし、ニッチ市場といわれる事業分野で高い市場占有率を維持し、基幹となる三つの分野で事業をバランスよく展開します。
    さらに各々の事業の収益力を高め、総体と して会社の業績の伸長を図ってまいります。
  • このような事業活動を通じて常に新しいニーズの創造・発掘に取り組み、会社の発展を通じて、株主・取引先・従業員など関係各位の信頼と期待に応え、社会に貢献していくことを経営の基本方針にしています。
 

当社の特徴

 

安定した事業基盤、財務基盤に基づくパートナー企業との信頼関係の上で新製品開発・新市場開発を展開しています。

事業領域
  • 界面化学を中核技術に三つの分野で4つの事業を展開
    「全天候型経営」による事業リスクの分散
ニッチ市場で高い占有率
  • はんだめっき液で国内トップシェア
  • 鉛フリー製品(環境配慮型製品)
研究開発型企業
  • 強固な研究開発体制
    • 全従業員の1/3程度を研究開発人員に充てる
    • 製品売上高の10%程度を研究開発費に投入
    • 各大学・試験所との連携による研究開発
技術サポート
  • 技術サポート力を基盤に、技術フォローまで含めた高付加価値サービスの提供

図