IR情報

投資家の皆様へ

イメージ

当社では、経営理念および経営方針の下、中期的な経営基本戦略、CSR活動及びコーポレート・ガバナンスの強化に取組み、当社の企業価値及び株主共同の利益確保・向上に努めてまいります。

代表取締役社長 時澤 元一

中長期的な経営方針

当社は、創業以来、界面化学の技術をコアとして「物質表面の機能を創造する」という基本的なコンセプトをベースに工業薬品の卸しよりスタートし、メーカーへの志向を強め、現在の電子関連分野、自動車用品分野、工業薬品分野の三つの分野で金属表面処理剤及び機器等、電子材料、自動車用化学製品等、工業薬品の4つの事業をメーカーとして、商社として、展開してまいりました。従来より、その時代、時代において主力となる事業の他、それを補完する事業、そして将来を見据えた新しい技術、新しい製品の育成に努めてまいりました。その結果、今日の、めっき液、化成処理液自動管理装置及び試薬、機能材料加工品、ニッケル超微粉といった事業が育ち、事業基盤を支えるまでになりました。このような事業の変遷の中で、 電子関連製品のユーザーの海外進出が進み、ユーザーサポートを促進するため平成17年4月に中国上海に駐在員事務所を開設いたしました。その後、グローバル化が進み、当社事業の海外展開の拡大に対応し、平成24年6月、タイのバンコクに駐在員事務所を開設し、平成27年8月に中国上海に販売子会社を設立して海外拠点の拡充をはかりました。一方、金属ナノ粒子等新規電子材料を第5の事業の柱として立ち上げるため開発設備の拡充及び量産化のための新工場建設、機械等設備投資を進め事業化を促進しております。

以下を中長期的な経営方針と位置づけ、企業価値及び株主共同の利益の向上に全力をあげて邁進いたします。

  1. 中長期の経営方針(会社が目指すビジョン)
     「成長路線の創造」
     当社は、自己開発、商品開発、市場開発の「三つの開発」を企業理念とし、ニッチ市場といわれる事業分野で高い市場占有率を維持し、基幹となる3つの分野で4つの事業を展開することを基本とし、世界に通用する製品、技術、サービスを創造・駆使し、グローバル化に対応できる企業をめざし、更なる成長を遂げ、次のステージへの前進を目指す。


  2. 中長期の経営戦略(ビジョンを実現するための基本戦略)
    (1)重点テーマ
     ① 新規電子材料の市場拡大
     ② 金属ナノ粒子量産技術の開発
     ③ 導電性銅ナノインクの開発と先端電子材料市場への参入
     ④ 回路形成銅メッキ液の市場拡大
     ⑤ 石原化美(上海)商貿の早期黒字化
    (2)挑戦テーマ
     当社の成長性に資する事業上のシナジーを獲得するためのM&A

CSR活動

当社は、環境にやさしい製品の開発、市場投入をはじめとして、本社、東京支店、神戸工場及び琵琶湖を控えた滋賀工場において環境保全対策の充実をはかっております。品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得し、これらをツールとして品質及び環境に対する万全の維持管理を行うとともに、地域社会への貢献をはかっております。

コーポレート・ガバナンス

当社は、効率的かつ健全な経営を可能にし、迅速な意思決定を行うことができる経営管理体制の充実と、経営の透明性の観点から経営のチェック機能の充実を重要な課題と考えております。

  1. 会社の機関の内容
    当社は、社外取締役1名を含む取締役7名で構成される取締役会と社外監査役3名を含む監査役4名で構成される監査役会による監査役制度採用会社であります。
    取締役会:定時開催 毎月1回、臨時開催 随時、
    監査役会:定時開催 毎月1回
    なお、取締役会の機能をより強化し経営効率向上をはかるため、取締役のほか社長が指名した者により構成される経営会議を2ヶ月に1回程度開催し、経営全般に関する重要事項や絞り込んだテーマについて、専門的、多面的な事前検討を行いその内容を取締役会に付議しております。また、情報開示の充実をはかるため取締役3名で構成される情報開示委員会を設置し適時・適正な情報の開示に努めています
  2. 内部統制システム及びコンプライアンス、リスク管理体制の整備状況
    当社は、経営の有効性と効率性の確保、事業・財務報告の信頼性の確保、遵法、リスク管理という観点から、取締役会において内部統制システム構築の基本方針を決議し、その整備及び強化を進めております。
    コンプライアンスについては、周知徹底をはかるため部長会等で各部門が事例報告を行い、これらを各部門で共有することにより自部門の職務執行において留意し、法令、定款との適合性を点検する体制をとっております。リスク管理については、平時より各部門の業務に関し、損失が発生する可能性のある事項を洗い出し個々について各々が注意し、リスク発生を未然に防ぐ体制をとっております。
    併せて取締役の職務執行の相互監視、監査役による取締役職務執行の監査、内部監査室による法令及び定款への適合性の確認によりリスク管理が十分機能する体制の整備に努めております。

当社の特徴

 

安定した事業基盤、財務基盤に基づくパートナー企業との信頼関係の上で新製品開発・新市場開発を展開しています。

事業領域
  • 界面化学を中核技術に三つの分野で4つの事業を展開
    「全天候型経営」による事業リスクの分散
ニッチ市場で高い占有率
  • はんだめっき液で国内トップシェア
  • 鉛フリー製品(環境配慮型製品)
研究開発型企業
  • 強固な研究開発体制
    • 全従業員の1/3程度を研究開発人員に充てる
    • 製品売上高の10%程度を研究開発費に投入
    • 各大学・試験所との連携による研究開発
技術サポート
  • 技術サポート力を基盤に、技術フォローまで含めた高付加価値サービスの提供

図

 

事業内容

 
金属表面処理剤及び機器等
金属表面処理剤

イメージ

家電、通信機器、OA機器等に内蔵されている半導体などの電子部品をプリント基板に接合するためのめっき液を開発、製造販売しています。
また、各顧客のニーズに答えるためテクニカルサービス体制を充実し、多くのメーカー から高い支持を受けています。

機器等 (化成処理液自動管理装置)

イメージ

薄型テレビ、携帯電話やゲーム機などのメディア機器に搭載されるプリント基板やディスプレイパネルを生産している工程で使用される表面処理液の分析装置を取り扱っています。
当社の分析装置は、これらの工程で生産効率の向上や高品質製品の実現のために貢献しています。
また、分析装置に使用される試薬類の供給、アフターサービスも当社が行っており、お客様に安心して分析装置を使っていただいております。

 
 
電子材料

イメージ

日本の産業界の中でも、最先端を走っている製品・商品を持つ事業です。
その中で代表的な存在がニッケル超微粉で、これはコンデンサの電極材として使用され、コンデンサの製造コストを大幅に削減したほか、性能向上にも貢献しています。
セラミックス製品では切削加工ができ、微細加工が容易なコーニング社の『マコール®』をはじめとする「マシナブルセラミックス」や、各種の「エンジニアリングセラミックス」を取り揃えております。エンプラ製品はデュポン社の販売協力店としてポリイミド樹脂 『ベスペル®』を中心とする高機能樹脂製品を販売し、これらの製品は精密加工が可能なことから、半導体製造装置をはじめ各種装置の部品や治具などに使用されています。

 
 
自動車用化学製品等

イメージ

ガソリンスタンドで使用される洗車機用洗車剤、自動車車検整備工場で使用される整備用ケミカル、自動車板金塗装工場で使用されるFMCコンパウンドや補修用ケミカルから、カーショップ等で販売される一般消費者向け製品まで「ユニコン」ブランド製品として開発、製造販売しております。
また、溶接用スパッター付着防止剤は、建設機械、産業機械、鉄骨、自動車、鉄道車両等大手メーカーで使用されています。

 
 

イメージ

工業薬品

ファインケミカルや工業薬品を中心にトップメーカーから商品を仕入れ、ユーザーの皆様に納入するという商社的な役割を担う事業です。鉄鋼業や重工業、化学工業などの大手企業や官公庁など安定したユーザーが多く、しかも特殊性が高い商品を供給しており、安定した売上げを確保しております。