文字サイズ

日本語English中文

PEEK樹脂

PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)とはスーパーエンジニアリングプラスチックの代表格で、あらゆる場面や用途において高機能性を発揮する熱可塑性樹脂です。

特長

  • 耐薬品性・・・高温の濃硫酸以外の酸/アルカリに耐える
  • 機械的特性・・・耐衝撃、耐クリープ、耐摩耗性など
  • 耐熱性・・・加圧熱水やスチームでの使用が可能
  • 切削加工性や寸法安定性
  • 耐放射線性
  • 難燃性

PEEK樹脂はこのような特長から、半導体装置、自動車、電子部品、原子力、食品関係の様々な分野で実績があります。

他社品と比べると残留ひずみによる加工時の変形が30%低減!!

VICTREX™社の原料を使用し、独自の固化押出技術でPEEK材を成形しています。これによって残留ひずみによる切削時の変形が大幅に低減されています。

(クレハエクストロン社資料 一部抜粋)

用途

  • 電気・電子分野:ICウェハーキャリー、半導体装置の洗浄治具、液晶製造装置部品、金メッキ工程の治具
  • 自動車分野:オイルシーリング等の高温部位
  • その他:食品機械、ポンプ部品、高絶縁端子部品
素材(丸棒・板)販売はもちろん、ご希望の形状に加工もいたします。

物性表

項目 単位 試験方法 PEEK PEEK/GF30 PEEK/CF30
比重 - D792 1.30 1.52 1.44
吸水率(23℃、浸漬24h) % D570 0.14 0.06 -
引張強さ MPa D638 97 172 236
引張伸び % D638 80 4 5
曲げ強さ MPa D790 142 230 328
曲げ弾性率 MPa D790 3.700 9.900 21.000
アイゾット衝撃強さ(ノッチ付) J/m D256 88 98 88
ロックウェル硬さ - D785 M98 M104 M108
荷重たわみ温度(1.82MPa) D648 152 300 328
燃焼クラス/最小厚み(mm) - (UL94) V-0/1.5 V-0/0.5 V-0/1.5
線膨張係数 xE-5/℃ D696 5 2 1
融点 - 334 334 334
ガラス転移点 - 143 143 143
体積抵抗率 Ω-cm D257 1×E16 - 1×E5
誘電率(1MHz) - D150 3.4 - -
誘電正接(1MHz) - D150 0.0035 - -
絶縁破壊強さ MV/m D149 19 - -
  • 上記データは代表値であり、製品の保証値ではありません。
  • PEEK/GF30(ガラス繊維30%)、PEEK/CF30(炭素繊維30%)は受注生産品となります。
PEEK樹脂01 PEEK樹脂02